不妊鍼灸に必要な回数と期間は?

少なくとも「週1回の定期的な鍼灸を7ヵ月間」続けることをお考え下さい。

当院では質の良い卵子・子宮内膜を育てられるお身体づくりをしています。
そのため定期的な鍼灸を推奨します。

週1回の鍼灸が良いのはなぜ?

鍼灸によるお身体づくりは、およそ次のようなサイクルを繰り返します。

・体調が低下する前に鍼灸、体調を回復させる。
・体調の良い状態を維持、さらに身体の底上げを図る。

鍼灸と体調の変化

次の鍼灸までの期間が長くなると、思うようにお身体の底上げが進まず、体調の変化がありません。
週1回の定期的な鍼灸が望ましいです。

7ヵ月の期間が必要とされるのはなぜ?

原始卵胞から排卵直前の成熟卵胞に発育するまでには、およそ200日かかります。
鍼灸の効果が卵子の質に表れるまでには、それくらいの期間を要するのです。

もちろん、ご年齢、今までの不妊治療歴、お身体の状態により個人差はあります。

3~4ヵ月で効果が表れる方もいます。
1~2年を要する方もいます。

生理学的に卵胞の発育を考える場合、およそ200日、少なくとも約7ヵ月必要です。

定期的な鍼灸以外の施術推奨日

週1回の定期的な鍼灸以外にも、ぜひ鍼灸を受けて頂きたい日があります。
受診されている不妊治療の内容により変わります。

まず月経周期に合わせて何を重要視して施術をするのか、ご説明します。

・卵胞期(低温期):
卵胞・子宮内膜の発育を促すとても大事な時期です。
体外受精の採卵経過が思わしくない場合、採卵周期に週1回以上の鍼灸が必要な場合があります。

・排卵期:
排卵された卵子のピックアップ、受精卵の輸送を促します。

・黄体期(高温期):
受精卵が子宮内膜に着床するまでの着床期は大事です。
排卵から7日目(±2日間)に着床の窓が開き、受精卵が子宮内膜に着床します。(着床日)
当院では、着床を促すため排卵から5日後の鍼灸を推奨します。

月経周期

不妊治療別の施術推奨日は次の通りです。

タイミング法:
  • 排卵前日もしくは排卵日
  • 排卵から5日後
人工授精:
  • 人工授精当日もしくは前日
  • 排卵から5日後
体外受精:
  • それまでの採卵経過によっては、採卵周期の卵胞期に週1回以上
  • 胚盤胞移植(5日目胚)…移植当日
  • 分割卵移植(2日目胚)…移植の3日後
  • 分割卵移植(3日目胚)…移植の2日後